鹿児島 総合人材派遣 アイディールスタッフ

新着情報

【ビジネスVol.9】 身だしなみ

2017.04.18


身だしなみ

 

 マナーとして身だしなみを整える事は非常に重要です。

「身だしなみ」は、「おしゃれ」とは異なるものであり、第一印象を良くする為のものです。

 身だしなみ ⇒相手に対して不快な思いをさせないように整える 他者評価が基準

 おしゃれ ⇒自分自身の個性を尊重して着飾るもの 自己評価が基準

 いくら自分ではおしゃれで素敵だと思っていても、 他人が見て不快な思いをしてしまっては

 身だしなみが整っているとは言えません。身だしなみは他者評価TPOに合わせることが大切です。

 身だしなみを整えることで、相手に与える印象が良くなりあなた自身の良さがダイレクトに相手に伝わるのです。

◇◆身だしなみのポイント◆◇

清潔感⇒清潔である/汚れやしわ、乱れがない

機能性⇒自分の体型に合っている/仕事がしやすい/安全性が保たれている

調 和⇒企業や職場に合っている/TPOに合っている

 

 身だしなみに注意をしてくれる人がいる場合は、ありがたくその忠告を受け止めましょう。

 自分では気付きにくいことを助言してもらえる機会は社会に出てからは滅多にありません。

 次に、身だしなみで気をつけるポイントを具体的にご紹介します。

 

髪 ⇒清潔である /清潔感がある /職場にふさわしい /表情がよく見える /手入れされている

NG⇒フケ・寝ぐせ・ボサボサ・表情が見えない・長すぎる

 

顔 ⇒清潔である(洗顔・歯磨き) /手入れをしている(肌・毛) /女性は清潔感のあるメイク

 NG⇒無精ひげ・もみあげ・鼻毛・かさつき・ノーメイク・派手なメイク・細すぎる眉・口臭

 

服装⇒ 清潔である /清潔感がある /体型に合っている /手入れをしている /職場にふさわしい服装

 NG⇒個性的でおしゃれ・派手・奇抜・ラフ・肌の露出が多い・ボタンが取れている・ 袖口や襟の汚れ

 

装飾品 ⇒シンプルで職場に合ったもの /不快に感じさせない香り /仕事にふさわしい時計

 NG⇒派手・華美・過度なアクセサリーやネクタイ・個性の強いメガネ・傷つけやすいものネイルの色が派手なもの・爪が汚れていたり、伸びている

 

靴・靴下⇒ 清潔である /仕事、職場にふさわしい靴、靴下 /安全である

NG⇒スニーカー・サンダル・ミュール・素足・靴が汚れている・破れ・ほつれ服装に合っていない色の靴下(ストッキング) 

 

ネクタイの長さ ⇒ネクタイの長さは、立った状態で、ベルトの中間あたりの位置に先がくるといいでしょう。

 短かすぎると、子どもっぽい印象に。 長すぎると、だらしない印象に。

 

 上記は一般的な身だしなみのマナーです。

企業、職場、職種によって、それぞれ違いがありますので、 その場に合わせた身だしなみを心がけましょう。

 

  ※TPO…Time(= “時間”)、Place(=”場所”)、Occasion(=”場合”)のこと。

 

【勘違いしないで!身だしなみとオシャレは違います。元国際線CAが教える身だしなみ】参照・参考

 

 

一覧にもどる