鹿児島 総合人材派遣 アイディールスタッフ

新着情報

【ビジネスVol.6】 感謝の気持ち

2016.09.13


 

 

 いつの間にか私たちは、人として最初に覚えた、間違いなく重要なスキルを忘れてしまっています。

そのスキルとは、「お願い」と「ありがとう」が持つ、まぎれもないパワーと礼儀正しさ

いえ、礼儀正しさだけではありません。私の経験上、優れた有力者ほど支援体制を認識しているばかりか、

自分を成功に導いてくれた人に意味のある「ありがとう」を伝えられるだけの、自覚を持っているのです。

「自力で成功した人間」なんていません。どんなサクセスストーリーだって、誰かのガレージからスタート

したり、誰かの指導のもとに始まって、周囲の支えや、教師や親の情熱による助けを借りて成長してきたはずです。

人は毎日誰かに支えられて生きているもの。しかし、日々を過ごす内にその事が当たり前になっていませんか?

仕事で同僚が協力してくれるのが当たり前、家族や友人が助けてくれるのが当たり前、

仕事があって当たり前、お給料をもらって当たり前。ふと、自分のいる環境をもう一度思い返してみて下さい。

毎日様々な人に会って、その人たちに支えられて日々を過ごしていると思いませんか?

自分一人の力だけで生きている人はいないはずです。その事に対して、感謝の気持ちを表現することも大切です。

 

ありがとう」の語源は、「有り難い」という言葉。 この「有り難い」の意味は、

「有ることを欲しても、なかなか困難で実際には少ない。有ってほしいと望んでも有ることは稀である」

という奇跡に近い状態になったときの言葉だったようです。

この稀なことを、喜び尊ぶ気持ちが「ありがたい」という感謝の意に移り、

今日私たちが使う「ありがとう」という言葉になったと言われています。

小さな感謝が、大きな幸せを作るものです。「ありがとう」の気持ちを日々忘れずに、

相手に伝える事が、社会での大切なコミュニケーションです。

 

コミュニケーション能力の高さは、現代社会において最も企業に求められる能力です。

感謝するということは、特別なことではありません。その存在がありがたいと思うことです。

また、それがあるお蔭で自分が助けられていると思うことです。ただ、単にそういうことです。

何事においても感謝の気持ちを持つことは大切です。

ビジネスシーンにおいても感謝の気持ちを持って取り組むことで、より良い人間関係ができるものです。

 

 

一覧にもどる